平成30年度第2回目となる岐阜県社会福祉士会研修会を2月3日(日)大垣市のソフトピアジャパン セミナーホールで開催いたしました。
今回の研修は岐阜県との共催とし、テーマを“障害のあるかたからのメッセージ”~支えあい・共に生きる~と出して、障がいのある方々からお話をお聞きしました。

第一部では『私がこれまでチャレンジし乗り越えてきたハードル』という演題で(一財)岐阜県身体障害者福祉協会事務局 総務課長の小川剛矢氏の講演、第二部では中部学院大学准教授 平野華織氏をコーディネーターとして様々な障がいをお持ちの方によるパネルディスカッションが行われました。

それぞれ障がいのある方から率直なお話を沢山お聞きすることで、日常生活や職場においてまだまだ配慮や工夫すべき点が多いということを改めて理解することができ、共生社会についてより一層の理解を深め、実践してゆくことの必要性を学ぶことができました。

岐阜県社会福祉士会 事業部長 松原 信幸

 

DSC04005

DSC04024DSC04033DSC04042