「社会福祉士」は国家資格であり、ソーシャルワークの専門職です。

会長あいさつ

岐阜県社会福祉士会会員の皆様、平成30年6月の総会にて、会長に就任することとなりました安達智紀でございます。よろしくお願いいたします。

当会の歴史をひもといてみると、平成5年2月に任意団体として「岐阜県社会福祉士会」が立ち上げられ、平成21年12月10日に岐阜県社会福祉士会の組織的基盤を確立し、責任ある活動の場を広げていくために「一般社団法人岐阜県社会福祉士会」が設立されたものであります。発足から25年、諸先輩社会福祉士の皆様が貢献し牽引してきてくださったことに、心より感謝を申し上げます。

職能団体として、一人また一人と仲間が集まり、大きな輪が出来上がっています。社会福祉士の資格を持った時点から、この輪を次の世代へと引き継いで行く大切な役割を担っているのだという自覚を皆で共有し、今一度、社会福祉士としての活動を振り返ってみましょう。

当会が長年培ってきた活動としては、①本会活動・②支部活動・③部会活動・④委員会活動・⑤委託事業という大きな柱があります。

①本会活動は、定時総会や理事会の開催といった、会の運営を担っています。

②支部活動(岐阜支部・西濃支部・中濃支部・東農支部・飛騨支部)では、それぞれの地域の特徴を生かした学習会や座談会が計画され、地域の繋がりを意識した学びがあります。

社会福祉士が働き活躍する場所は多義にわたり、それぞれの現場で不安を抱え悩んでいる仲間もいるかもしれません。そんな仲間同士が支え合い高め合うことができるよう、気楽に集まり語り合える場も生まれています。働く場所がまちまちでも、ソーシャルワークという共通の専門性を持っているからこそ感じられる一体感があります。

③部会活動では、事業部会・広報部会・生涯研修センター(研修部会)・青年部会・組織強化部会が活動し、専門性を高める研修会の実施から、互いの情報を発信し仲間を増やす取り組みまで、幅広い活動で会を支え組織の基盤強化を担っています。

④委員会活動では、学術誌編集委員会・子ども家庭福祉専門委員会・障がい福祉専門委員会・高齢福祉専門委員会・医療福祉専門委員会・地域福祉専門委員会・災害支援委員会・権利擁護センターぱあとなあ事業が、それぞれの専門性を深め、社会福祉士の実践を高める活動が行われています。

⑤岐阜県からの委託事業では、岐阜県障害者権利擁護センター・岐阜県障がい者差別解消支援センターと、平成30年度からスクールソーシャルワーカー現認研修委託事業が開始されております。岐阜県の社会を基盤から支える事業が、社会福祉士の職能団体に任されている意味と期待は、とても大きなものです。

 

これらの柱を貫いた実践は、私たちにとっての専門性を活かしたやりがいと、社会づくりを実感できる価値あるものです。専門職として常に社会を客観的に捉えながら、生活者である住民の課題と向き合い、社会福祉士としての倫理・知識・技術を持って対応することができるのは、ソーシャルワークの醍醐味だと感じます。

日本の社会構造が複雑になり、個別性の高い困難を受け止め生きることが求められる今だからこそ、私たち社会福祉士の活躍が期待されています。すべては、継続性のある地域づくり・人づくりに繋がっています。

私たちはもう一度、社会福祉士として何を考え行動するのかをソーシャルワーカーの視点から原点回帰し、我が事として捉え一歩を踏み出してみようではありませんか。

その為には、会員の皆様と一体となった工夫と行動が必要です。社会福祉士の主体的な活動のアピールと会員の達成感を高める組織づくりを行って参りましょう。

 

当会の立ち上げから現在に至る様々な場面でご尽力、ご支援いただいたすべての皆様、団体関係者の皆様に感謝申し上げます。

今後も、目標達成に向けた円滑な組織運営と社会貢献のために、皆様方のお力をどうぞお貸しください。

敬具

 

2018(平成30)年6月

一般社団法人 岐阜県社会福祉士会

会長 安達 智紀

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 岐阜県社会福祉士会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.