令和元年10月26日(土)10時から12時、岐阜県福祉・農業会館にて今年度第3回子ども家庭福祉委員会定例学習会を開催しました。

定例会では、今後の予定を検討しました。

学習会では、岐阜県健康福祉部子ども・女性局子ども家庭課子ども支援係の中野真由美さんに「岐阜県の子どもたち・保護者の現状」と題して、今年3月に発表になった「岐阜県・子ども調査」から見えてきたことについて教えていただきました。岐阜県の子どもの貧困率(貧困線は122万円)は7.2%で、国の13.9%の約半分です。しかしながら、貧困層の子どもたちは、学びや進学、生活体験や生活習慣、自己肯定感などさまざまな課題を抱えていることが分かりました。

これを受けて、参加者全員でディスカッションを行いました。

子ども家庭福祉委員会では、原則として偶数月に定例学習会を行っています。

岐阜県社会福祉士会・会員の方であれば、どなたでも参加していただけます。

IMG_0989 IMG_0990

 

令和元年度第4回定例学習会

日 時:2019(令和元)年12月14日(土)10:30~12:00

場 所:キッズピアおおがき交流サロン

内 容:施設長の安田典子さん(NPO法人くすくす理事長、子育てひろば全国連絡協議会理事)にご案内いただき、児童福祉法第6条の2第2項に基づく地域子育て支援拠点を見学する。