平成29年4月8日,岐阜聖徳学園大学短期大学部で,今年度,第1回目の定例学習会を開催しました。

テーマは「児童福祉法の改正について」 講師に岐阜聖徳学園大学短期大学部 教授の徳広圭子氏にお願いしました。

児童福祉法の理念,児童虐待の発生予防,児童虐待発生時の迅速・的確な対応,被虐待児童への自立支援等,

全体的に分かりやすく説明していただきました。

また,メンバーの自己紹介では,ざっくばらんに課題を話し合うことができました。

その他,昨年度の事業報告として,岐阜県下,全42市町村教育委員会へのスクールソーシャルワーカー活用実態把握調査の報告もしました。

今年度は,調査をもとに,社会福祉士に期待されている具体的な課題について,学習会を進めていく予定です。

第二回定例学習会

日 時:平成29年6月24日(土)午前10時から

場 所:大垣市情報工房 会議室1

テーマ:スクールソーシャルワークについて

講 師:岐阜県教育委員会 スクールソーシャルワーカ兼スーパーバイザー

田部 宏行 氏

平成29年4月1日に学校教育法施行規則の一部が改正され,スクールソーシャルワーカーの職務が明記されました。

また,国においては,平成31年度までに,スクールソーシャルワーカーの全中学校配置を目標としております。

皆様のご参加,お待ちしております。

※同日,午後から大垣市情報工房にて岐阜県社会福祉士会総会が予定されています。

移動することなく,引き続き,総会に参加できます。

 

IMG_0239

IMG_0256