社会福祉専門職であるソーシャルワーカー(国家資格として社会福祉士及び精神保健福祉士が位置づけられている)の社会的認知を高めること、ソーシャルワーカーへの関心と理解を広げること、そして地域社会において貧困や差別、孤立や社会的排除をなくし、すべての人が住みなれた地域で尊厳を保持し自分らしく安心して生きることができる社会をめざすことを目的に、「ソーシャルワーカーデー2017in岐阜」を開催いたします。今年度は、LGBTとソーシャルワーカーの関わりについて考察し、今後の果たすべき役割を探る場とします。
たくさんの方のご参加をお待ちしています。

【日 時】
平成29年7月16日(日) 14時00分から16時30分

【場 所】
岐阜県図書館 多目的ホール (岐阜市宇佐4-2-1)

【参加費】
無料

【主 催】
一般社団法人岐阜県社会福祉士会、岐阜県ソーシャルワーカー協会、岐阜県精神保健福祉士協会、岐阜県居宅介護支援事業協議会、日本社会福祉士養成校協会東海北陸ブロック岐阜県支部

【共 催】
岐阜県相談支援事業者連絡協議会

【対 象】
学生 市民一般 各団体会員 等

【タイムスケジュール】
13時30分 受付
14時00分 講演 『LGBTとソーシャルワーカーの関わり』~ダイバーシティを考える~(仮)
講師 株式会社G-pit net works 取締役 太田 有矢 氏
15時30分 相談コーナー 一般市民向けの相談コーナー開設
16時30分 閉会

ソーシャルワーカーデー2017in岐阜 チラシ