岐阜支部と東濃支部の共催により、2回シリーズで企画しました本研修会の第2日目についてお知らせします。
(第1回目は、7月12日に開催し、盛況の中終了いたしました。)

私たちは、地域ケア会議やサービス担当者会議などの様々な場で多職種との連携を実践しています。
会議の進行を行う上では、参加者が意見を出しやすい環境づくりや、意見をまとめ上げて方向性を示す技量が必要となります。

本研修会では、ファシリテーション技術に焦点を当てることで、私たちが司会進行の技術を向上させる、また、多職種とのネットワーク形成の技術向上を目的としています。

多くの皆様の参加をお待ちしております。

【日時】 平成27年10月31日(土) 10時から12時まで
【会場】 とうしん学びの丘”エール” (東濃信用金庫虎渓山研修センター)
多治見市虎渓山町4丁目13-1   ※駐車場に限りがあるので、できる限り乗り合わせで来場ください。
【講師】 笠松町地域包括支援センター センター長 荒木篤 氏
【内容】
9:30           受付
10:00~10:30  講義「前回の振り返り」
10:30~12:00  グループワーク (事例検討)

【申込】 事務局へFAXまたはメールで申し込む。
一般社団法人岐阜県社会福祉士会 事務局
〒500-8261 岐阜市茜部大野2丁目219番地
電話 058-277-7216  Fax 058-277-7217
電子メール csw-gifu@polka.ocn.ne.jp
担当者:岡川(岐阜支部)、足立(東濃支部)

東濃支部共催研修 (多治見)